変形性膝関節症について

OA KNEE

膝への注射はいつまで続けるべきか 【ヒアルロン酸注射、ブロック注射、第三の注射であるバイオセラピーについて】 

RELEASE:2018-10-18
UPDATE:

変形性膝関節症の治療法の代名詞とも言える、ヒアルロン酸注射。一方でブロック注射を受けているという方もいらっしゃると思います。どちらも膝の痛みを和らげるために行いますが、注射治療をいつまで続けるべきか、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はヒアルロン酸注射、ブロック注射、それが効かない場合の第三の注射であるバイオセラピーといった、変形性膝関節症に対する注射治療にまつわるお話をします。

 

保存療法としての注射

変形性膝関節症の治療の第一選択となるのが保存療法。保存療法とは、手術以外の治療法のことを指します。そのひとつが注射治療です。膝関節内にヒアルロン酸やステロイド、麻酔薬を注入するのが一般的です。
まず大前提として知っておいていただきたいのが、「変形性膝関節症の治療は全て対症療法」ということです。現在の医学ではすり減った軟骨を再生させる、つまり「治す」治療法は存在しません。根治は不可能ですから、膝の痛みを緩和し、進行を遅らせることを期待し、日常生活の質を上げることが治療の目的となります。

ヒアルロン酸注射とブロック注射の違い

ヒアルロン酸注射 ブロック注射
作用 膝関節の潤滑作用
関節の動きをよくすることで、痛みを緩和
抗炎症と鎮痛作用
炎症を抑えることで痛みを鎮める
痛みへの効果 初期の変形性膝関節症には長期に作用する可能性あり 短期的(即効性あり)
治療の
おススメ度
初期には〇
初期の変形性膝関節症の痛み緩和には効果的
進行期以降は効果は見込みにくい

急性の炎症や強い痛みに用いるケースが多い
軟骨破壊や感染のリスクあり

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射の最大の目的は、膝関節の潤滑です。そもそも、関節内の空洞を満たしている滑液(かつえき)にはヒアルロン酸が含まれています。しかし、加齢によって関節内のヒアルロン酸は徐々に減少していきます。ヒアルロン酸が減ることで膝への負担が増え、膝関節の動きも悪くなり痛みが生じてしまうのです。ヒアルロン酸注射は、膝にヒアルロン酸を補充することで、潤滑効果によって痛みを緩和し、膝の動きを改善します。
 
ヒアルロン酸注射の効果

ブロック注射

注入するステロイドと麻酔薬にとって、抗炎症と鎮痛作用を発揮します。変形性膝関節症の痛みの原因は、軟骨のすり減りで生じた滑膜(かつまく:関節を包む組織の内側の膜)の炎症ですから、これを薬剤で抑える治療になります。ヒアルロン酸注射に対し、効果に即効性があることが特徴です。

注射の効果に関する研究結果

変形性膝関節症に対する2つの注射の効果を比較した学術論文によると、注射から第2週の時点では、ブロック注射に疼痛抑制効果で優位な数値が出ていましたが、第4週にはヒアルロン酸もほぼ同等の数値に。第8週ではヒアルロン酸注射の数値が優位に転じ、第12週、第26週にも数値の差は広がったと報告されています[1]。

注射はいつまで続けるべきか?

まずブロック注射ですが、注入するステロイドによって軟骨破壊、そして感染症(化膿性膝関節炎)の懸念があるため、複数回の注射は推奨されていません。突然生じた強い痛みを短期的に解決するために用いるケースがほとんどです。私の場合は治療目的では行わず、患者さんの主訴が膝からくるものか、腰からくる神経痛なのかを明確に診断するために用いています。

ヒアルロン酸注射は、週1回の投与を5週続け、その後は効果に応じて2〜4週に1回というペースで行われるのが一般的です。痛みに対する効果が得られているあいだは、治療を継続していいでしょう。しかし、変形性膝関節症が進行し、ヒアルロン酸注射で痛みをコントロールできなくなった方に対して、注射を繰り返すことはお勧めしません。
当院の場合受診される患者さんは、すでにヒアルロン酸注射が効かなくなったという方がほとんどのため原則行いません。

ヒアルロン酸が効かなくなった時の第三の注射-バイオセラピー

ヒアルロン酸注射が効かない、変形性膝関節症進行期以降の場合、保険診療で次に検討するのは、骨切り術や人工関節に代表される手術療法です。しかし、手術による体への負担や入院のこと、リハビリのことなど、様々な不安から決断できない人は少なくありません。加えて年齢や既往歴から、手術ができない人もいます。これまでは、こういった患者様に対して、漫然とヒアルロン酸注射を続けるしか方法はありませんでした。

この状況に変化をもたらしたのが、2015年に厚生労働省が認可した、再生医療等安全性確保法に規定される新しい治療法です。そのうちの一つである「バイオセラピー」と呼ばれる第三の注射を当院では専門的に行っています。
当院で行っているバイオセラピーは、血液から作製されるPRP-FD治療と、皮下脂肪から作製される培養幹細胞治療があります。以下に各注射の1年間の治療成績について掲載しました。
 

培養幹細胞治療後の経時的推移

図1:培養幹細胞治療におけるKnee injury and Osteoarthritis Outcome Score(KOOS)の経時的推移(変形性膝関節症107膝の調査)[2]

PRP-FD治療後の経時的推移

図2:PRP-FD治療におけるKnee injury and Osteoarthritis Outcome Score(KOOS)の経時的推移(変形性膝関節症304膝の調査)[2]

当院では世界中で用いられている評価基準KOOS(クース)で、治療効果を調査しています。KOOSとは、42の項目で構成される質問票から、症状(Symptoms)、ひざの痛み(Pain)、日常生活動作(Daily living)、運動機能(Spo&Rec)、生活の質(Quality of Life)という5つの項目について点数をつけ、評価するものです[3]。それぞれ数値が高いほど良好な状態であることを示します。

結論から言うと、上記どちらの治療も、注射前と比較してすべての経過観察時において有意に値が改善していることがわかりました。
では、ご自身の膝にはどちらの治療がいいのか?という疑問を感じると思いますが、こちらについてはまだ明確な結論が出ていません。当院の治療成績を、変形性膝関節症の重症度や、患者背景を加味しながら調査した結果では、「変形性膝関節症の進行期まではPRP-FD治療を、人工膝関節置換術の希望のない末期の場合は培養幹細胞治療」を選択する治療方針が示唆されました[2]。これらの結果については、2020年に開催された第93回日本整形外科学会学術総会や第19回日本再生医療学会総会でも発表しています。

これらの治療は、ヒアルロン酸注射やブロック注射と違い、自由診療(保険外診療)での提供となるので、費用面では負担がかかります。しかしヒアルロン酸注射が効かなくなってしまった、手術は絶対受けたくない、といったお悩みをお持ちの方にとっては十分選択肢になると思います。治療にご興味がある方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

他にも当院の治療について、わかりやすく解説した記事がありますので、併せて参考ください。

PRP-FD注射の効果は変形性膝関節症の進行度でどう変わるのか
膝の幹細胞治療について、培養・非培養の効果を比較検証

ページの先頭へ戻る

ひざ関節症クリニック 運営クリニック情報

ひざの痛み専門無料でんわ相談

ひざ関節症クリニック

運営クリニック情報

ひざの痛み専門無料でんわ相談

フリーコール 0120013712