変形性膝関節症について

OA KNEE

変形性膝関節症にはどんな症状がある?早めに知っておきたい基礎知識

RELEASE:2018-12-17
UPDATE:

変形性膝関節症という病名や代表的な症状は知っていても、詳しいことは知らない」という方は多いと思います。いま気になるのは膝の痛みや腫れだけど、他にも症状があるのか、これからどうなっていくのか。そういった不安が大きいのではないでしょうか。

この記事では、変形性膝関節症の様々な症状を解説した上で、早めに知っておきたいこの病気の特徴も、併せて掲載しています。病院を受診する前、治療を始める前の予備知識としてお役立てください。

最も多い症状は痛み

変形性膝関節症と診断を受けるきっかけとして多いのが、膝の痛みです。この病気のシグナルとも換言できるでしょう。痛みが気になったためインターネットで検索し、初めてこの病気を知ったという方もいらっしゃるかもしれません。中でも、初期の変形性膝関節症に特有なのが、スターティングペイン。これは動作開始時に感じる痛みのことで、筋肉や関節内の組織のこわばりが原因と考えられます。起き上がるとき、立ち上がるとき、歩き出すときなどに痛みを訴える方が多く、動いているうちに消失するのが特徴です。

また、軟骨のすり減りが進行すると、その欠片が関節内の組織を刺激して痛みを引き起こします。一般的には、病気の進行に伴って痛みの強さや頻度も増していくことが多いでしょう。そのメカニズムや改善方法について知っておきたい方は、下記も併せてご覧ください。

[詳細]変形性膝関節症の様々な痛み。その改善方法に生じた変化とは

ここで注意が必要なのが、変形性膝関節症の初期には「病院に行く必要がある」と感じさせるほどの痛みが生じにくいこと。膝の痛みで病院を受診すると、すでに進行期に差しかかっていたという患者さまもしばしば見かけました。

変形性膝関節症は、痛みの他にも様々な症状を引き起こし、最終的には膝の変形に繋がります。ここからは痛み以外の症状を解説していきます。

膝関節の変形

変形性膝関節症によるO脚変形
当クリニックの患者さまのO脚変形

変形性膝関節症という病名の通り、外見上の膝の変形が起こります。初期には目立ちませんが、進行に伴ってO脚やX脚が悪化。末期になると、見た目にも変形が顕著になってしまいます。
日本人では、膝の内側の軟骨がすり減る内側型(ないそくがた)の変形性膝関節症が9割を占める[1]とされ、その場合はO脚変形を呈します。外側の軟骨がすり減ることによるX脚変形は少数ですが、当クリニックの日々の診療において、X脚に変形している患者さまが来院されるケースは少なくありません。
O脚、X脚のいずれも、変形が顕著であればあるほど病気が進行している印となります。

膝に水がたまり、腫れる

変形性膝関節症が疑われる患者さまの訴えとして痛みの次に多いと感じるのが、膝に水がたまる症状(関節水腫:すいしゅ)です。水の量が多い場合、膝のお皿(膝蓋骨)周囲が腫れぼったくなり、お皿の輪郭が分かりにくくなることがあります。

この水は関節液と呼ばれ、健康な人の膝にも一定量は存在しています。膝関節は関節包という袋状の組織で囲われていて、その中を満たしているのが関節液。本来は骨同士の摩擦を軽減させ、膝がスムーズに動くように助ける重要な役割を果たしています。この関節液を作り出すのは、関節包の内側にある滑膜(かつまく)という組織。この滑膜が何らかの原因で炎症を起こしてしまった場合、関節液が異常に分泌され、水がたまるのです。すり減った軟骨片が滑膜を刺激することが炎症の原因と考えられており、炎症が強ければ膝に熱感を伴うこともあります。

関節水腫に対する応急処置として、整形外科では注射器による穿刺をして水を抜くことがあります。しかし、根本的な治療を行わない限り、炎症は継続。水を繰り返し抜くことになるため「クセになるのでよくない」というイメージが定着しているのでしょう。炎症を抑える治療は必要ですが、腫れによる痛み、曲げ伸ばしづらさなどで生活へ支障が出るようなら、一時的な緩和を目的として水を抜くことには何ら問題はありません。

ちなみに関節水腫は、変形性膝関節症が末期になるとあまり確認されません。軟骨が消失する末期では、滑膜へ刺激を与える軟骨片が生じにくいことが理由であると考えられています[2]。

膝を曲げ伸ばしづらい

起床時や起立時に膝の違和感、こわばりが生じるのが特徴的。はっきりとした痛みはなくても「何だかおかしい」といった感覚を覚えることが多いようです。主な原因として考えられているのは、膝周辺の筋肉が固まる拘縮や、関節内の組織のトラブル。これらはスターティングペインとも近しい症状で、しばらく動いているうちに気にならなくなる場合も多いでしょう。ただ、違和感やこわばりに加えて他の症状も出てきたら、膝の曲げ伸ばしができる範囲が狭まる可動域制限に至る可能性も。例えば関節内の強い炎症によって水がたまり、膝を曲げ伸ばしづらくなることが考えられます。

日常生活では、膝を曲げる動作が頻繁に行われます。例えば歩行には60度、しゃがむには100度、正座には150度、膝が曲がることが必要。これらの動作も困難になってしまうと、じっとしたままの不活動状態になり、変形性膝関節症の悪化も招きかねません。

音が鳴る

変形性膝関節症は軟骨のすり減りから始まる疾患。徐々に軟骨が消失し、大腿骨と脛骨が直接ぶつかり合うようになると、膝を曲げたり伸ばしたりする際にミシミシ、ギシギシと音を立てることがあります。

ちなみに、まだ診断を受けていないという人も、膝から鳴る音が変形性膝関節症のヒントになるかもしれません。アメリカ・テキサス州のベイラー医科大学が発表した研究結果によると、いつも膝が鳴る人は、ほとんど鳴らない人の3.0倍もこの病気の発症リスクが高い、というデータが出ているそうです[3]。変形性膝関節症かもしれないと疑っている段階で膝の音が頻発していたら、早めに病院を受診してみるのも一つの手段です。

症状の程度にかかわらず、早めの受診を

O脚やX脚の変形が顕著であれば、変形性膝関節症が進行している可能性が高いでしょう。また、一般的には痛みが強いほうが病気も進行していることが多いと言えます。しかし変形性膝関節症に関しては、ある程度の目安こそあれ、変形という見た目にも分かるもの以外には、症状だけで進行度を診断することはできません。つまり、痛みが強い、たくさん症状が出ているなどでは、一概に判断ができないのです。

というのも、患者さまそれぞれで、症状の出方が全く異なるため。例えば、膝の腫れだけが気になり受診したところ、変形性膝関節症と診断された方がいらっしゃいました。また、これは前述しましたが、痛みが気になって病院を受診したところ、すでに変形性膝関節症が進行期に差しかかっていた、というケースも少なくありません。

当クリニックが実施したアンケート調査[4]では「膝に痛みがあるが、病院に行かなかった」という71名のうち、84.5%が「病院に行くほどの症状と思わないから」と回答しました。しかし、この回答の裏側には、考えている以上に膝の状態が悪化している可能性さえ隠れています。実感されている症状が少なく、程度も弱いから安心、というわけでは決してありません。

膝の痛みで病院を受診しなかった理由

 

また、高齢の方に限った場合には別の問題点も感じています。それは、末期になるまで痛みを我慢してしまう方がいらっしゃることです。繰り返しになりますが、痛みが軽度でも変形性膝関節症は進行している可能性があるため、我慢は危険。違和感を感じた時点で、早めに病院を受診するのが望ましいでしょう。

ときに、高齢の方が膝に痛みを覚え「変形性膝関節症かもしれない」と疑いの目を持った状態で受診されるケースもありました。この視点はとても大切。病気が進行しないうちに受診いただいたほうが、治療を提供する側としても、様々な手だてを講じることができるからです。膝の痛みを我慢していても、良いことはほとんどありません。どうか早め早めの対処を心掛けてください。

病気の進行度については、整形外科に必ずあるX線(レントゲン)を用いた検査で判断可能。進行度は治療法を考える判断材料のひとつになります。具体的な治療法については、下記の記事をご覧ください。

[詳細]整形外科医が重視する、変形性膝関節症の「治療の核」とは?

ページの先頭へ戻る