橋爪 孝典院長

Takanori Hashizume

東京ひざ関節症クリニック
新宿院

プロフィール

PROFILE

再生医療は新しい分野ですが、当院はその症例数が日本のトップクラスです。豊富な経験を元に適切な提案をさせていただきます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

  • 豊富な臨床実績
  • 高度医療にも従事
  • 再発予防までを見据えた診療

薬学部を卒業した後、医師への強い思いから医学部に編入。卒業後は整形外科医の道を志し、現在に至る。骨折などの外傷治療や人工関節の手術全般を得意とする。
僻地の地域医療から高度医療を提供する大学病院での診療まで、その経験は多岐にわたり、一般的な外傷のみならず、稀な疾患・緊急性の高い疾患の治療にも積極的に取り組んできた。こうした「何事にも全力で取り組む姿勢」は、現在も貫かれている。
既存の整形外科治療の流れを大きく変えうる再生医療に興味を持ち、2021年、再生医療専門の医療法人社団活寿会(ひざ関節症クリニックグループ)に参加。

経 歴

  1. 2014年
    北里大学医学部 卒業
  2. 2014年
    社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院
  3. 2016年
    北里大学整形外科 入局
  4. 2020年
    浅間総合病院 整形外科(出向)
  5. 2021年
    東京ひざ関節症クリニック 新宿院 院長

資格・免許

  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • 薬剤師免許

所属学会

論文・学会発表

学会発表

年代 学会名 演題
2018年 関東整形災害外科学会 大腿骨転子部骨折術後に仮性動脈瘤を生じた1例
―術中肢位からの実践的検証―

インタビュー

INTERVIEW

橋爪院長が考えていること、診療や患者さまへの想いをお伝えします。

再生医療の道を選んだ理由

【手術以外の新しい選択肢を提示したい】

橋爪院長の再生医療の道を選んだ理由 イメージ

整形外科で痛みの治療を行う場合、まず薬物療法、リハビリ療法、関節注射といった保存的な治療を一定期間実施し、それでも十分な効果が得られなければ手術を提案するという流れが一般的です。医師として、こうした単調な医療を提供し続けて良いものかと疑問に感じ始めたのが、再生医療に興味を持つようになったきっかけでした。
手術しなければ根本的な解決が難しいケースは少なくありませんが、手術をしたくない人やできない人にとって、手術以外の選択肢を提示できることは非常に有意義だと感じています。

診療でのこだわりや大切にしていること

【個々の患者さんとしっかり向き合うこと】

橋爪院長のひざの診療で大切にしていること イメージ

個々の患者さんの悩み、生活スタイルに合わせた治療選択肢をご提案するのは臨床医として非常に重要なスキルですが、そうしたスキルは過去の経験の賜物です。こうしたことから、可能な限り自分の経験の幅を広げて、やれることには何事でも全力を尽くすというスタンスで取り組んでいます。
実際、これまでに様々な医療現場に携わってきました。過去には沖縄や長野などの僻地での診療から、高度医療を提供する大学病院での診療まで経験があります。こうした幅広い経験が、今では大きな糧になっています。

目指しているもの・こと

【治療を受けた方の人生を充実させること】

橋爪院長の目指しているもの・こと イメージ

整形外科医の仕事は、単に痛みを緩和するだけでは不十分だと考えます。私は少なくとも個々人にしっかり照準を合わせて、なぜ痛くなってしまったのかをしっかり見極めて治療を提案していくつもりです。また、治療によって痛みが軽減された場合は、今後痛みが再発しないようにするにはどうすれば良いかということまで責任を持って取り組んでいきたいです。
手術までの時間稼ぎをするような医療でなく、手術しなくとも充実した人生を謳歌していただけるような医療を提供できればと考えています。