MRIはこんな人におすすめです

ひざにヒアルロン酸を注射するイメージ

医師が問診しているイメージ

  • なぜ今の治療が効かないのか分からない
  • 自分に合った治療を探している
  • 再生医療が適しているか事前に知りたい
  • 治療を決める前に専門医に相談したい
  • セカンドオピニオンを考えている

MRIでひざ再生医療の適正チェック

膝のMRI画像をペンで指しながら説明する向井原健太医師

整形外科では、骨の形状を調べるレントゲン検査が一般的です。ただ、変形性膝関節症のような関節痛は、骨以外の組織の異常が痛みに関係していることも多々あります。こうした組織をMRIでは確認できるのです。 変形性膝関節症の進行具合はレントゲンでも診断できます。ただ、再生医療の適応や効果の見込みを診断するには、さらに詳細情報が必要です。そのため当院では、MRI画像から痛みの原因究明や今後のリスクを読み取り、適した治療提案に活かしています。

MRIとレントゲンの違い

レントゲン画像でわかる異常とMRI画像でわかる異常の違い

レントゲンはX線によって骨の形を撮影します。レントゲン写真では、関節の骨と骨の隙間から軟骨のすり減り具合を推測したり、骨棘という棘状に変形した骨の有無や、関節の角度が観察できます。
ただし変形性ひざ関節症を診断する場合、一般的にはレントゲン撮影が行われますが、これだけは治療方針の判定が難しいことがあります。レントゲンは骨の変形を知ることはできますが、その他の組織の状態まで把握することはできないからです。その方にとって本当に適した治療は何なのかを検討するには、こうした詳細の情報が欠かせません。
一方、MRIとは、磁気の共鳴で体内の組織の状態を映し出す画像検査です。MRI検査を行うことで、骨の内部や軟骨、半月板、靭帯の問題を可視化することができます。また出血や炎症、腫瘍や水腫の有無も確認できます。磁気を利用しているので、他の画像検査のように放射線被爆もありません。

MRI レントゲン
評価可能な
ひざの組織
半月板、靭帯、軟骨、骨
得られる情報 組織の性状 組織(骨)の形状
検査時間 30分~1時間 数十秒~数分
放射線被ばく なし あり
受けられない人 ペースメーカーを入れている
閉所恐怖症
特になし

MRI検査を受けた実際の症例

MRIでどのように映し出されるのか、実際の解説動画と症例をご紹介します。MRI画像には、変形性ひざ関節症の原因である半月板や軟骨の損傷箇所が鮮明に映し出されています。

向井原院長によるMRI解説動画

実際の症例1

実際の症例2

50代前半・女性/変形性膝関節症

  • 年齢・性別
    50代前半・女性
  • お悩み
    5年ほど前から特にきっかけもなくひざが痛み出して、徐々に悪化している。
  • 画像所見
    正常な半月板は黒い三角形のような形で描出される。この症例の場合、外側の半月板は正常に近い。一方内側は三角形の形がいびつで、内部の色も白くまだらに濁っている。これは加齢によって半月板の組織が固くなり、内部に細かい傷ができていることを示している。
    正常な大腿骨の表面は軟骨に覆われて丸みを帯びる。この症例のひざの外側に関しては正常に近い状態を保っているが、内側は軟骨がかなり薄く、本来丸みを帯びるはずの骨の表面も平らになっている。これは、骨と骨がぶつかり表面が削れた結果と考えられる。
  • 診断
    変形性膝関節症

当院でMRI診断を受けるメリット

データに基づく診断で治療適性がわかる

膝関節のMRI画像をボールペンで指しながら説明

詳しい検査結果に基づいた診断でなければ、治療は推測で進行することになってしまいます。MRI検査では、レントゲンでは得られないより詳しい情報を把握できます。詳細な情報に基づいて当院の専門医が過去の症例データを踏まえ、適した治療をご提案しています。

待機期間や当日の待ち時間なし

患者さまに治療について説明する医師

総合病院などで検査する場合、命に関わる疾患が優先されるので、数週間の待機や当日も待ち時間が生じることが往々にしてあります。一方、当院は提携する検査専門施設で行うので、そういったことがなく、スムーズにご利用いただけます。

ご説明や質問時間もしっかり確保

時計

説明不足や質問できないようでは、診断を受ける意味がありません。待ち時間など無駄な時間は省き、診察や診断のご説明、ご質問時間をしっかり確保しています。わかりやすいご説明を心掛けていますが、不明点は遠慮なくご質問ください。

データの持ち帰りが可能

CD-R

MRI検査の画像データは、CD-Rでお持ち帰りいただけます。ご家族とご相談される際にもご覧いただけますし、セカンドオピニオンのご利用に持参すれば、再検査の手間や費用がかかりません。ご活用ください。

検査から診断までの流れ

  1. ご予約
    まずはページ末尾のご予約フォーム、またはお電話でお問い合わせください。
    ご希望に沿って調整後、日時を改めてご連絡いたします。
  2. MRI検査
    ご予約の日時に、検査施設へ直接お越しください。
    検査は片ひざずつの撮影で、片ひざあたり20分ほどとなります。
  3. 医師の診察・診断
    検査データを受け取ったら、札幌ひざ関節症クリニックへお越しください。
    医師が診察を行います。その後、MRIのご説明と併せて、診断結果をお伝えします。
    お時間の目安は30分~1時間ほどです。

検査当日の注意点

MRIは磁気を使った検査なので、金属を含む素材を身に着けている場合、発火の危険性もあります。検査施設でも説明があるかと思いますが、下記にご注意してください。

  • ・補聴器や眼鏡、腕時計、アクセサリー類、磁気カード、電子機器などは持ち込めません。
  • ・化粧品やコンタクトレンズは外していただくことがあります。
  • ・発熱性のある機能素材の肌着なども着用しないことをおすすめします。
  • ・湿布薬やエレキバン、ニコチンパッチなどは、事前にお取り外しください。

MRIひざ即日診断の費用

通常、MRIの検査を自費で受ける場合、費用は¥25,000から¥40,000程度かかります。当院の「MRIひざ即日診断」なら、その費用がなんと¥8,000程度に。初診のカウンセリング料を含めても、大幅に安く受診いただくことができます。

「MRI ひざ即日診断」の料金

初診料
¥3,300医師による問診・診察
MRI 検査
¥8,000程度
合計
¥12,000程度
MRI 検査を当院で受ける場合と、他院で受ける場合の違い
当院
(自由診療)
当院以外の
自由診療クリニック
一般的な病院
(クリニック)
検査実施までの
待機期間
数日 数日 数週間から数ヵ月
検査当日の
待ち時間
なし クリニックの方針によって変動 混み具合によっては数時間に及ぶことも
ドクターの
診察時間
30分確保 クリニックの方針によって変動 数分程度
検査費用
(自己負担分)
12,000円程度 25,000~40,000円 8,000円~14,000円
(3割負担の場合)

MRIひざ即日診断のご予約

以下のフォーム、またはお電話からご予約いただけます。
0120-013-712

1.ご予約内容を入力

  • 必須
  • 必須
  • 任意