ひざ関節症クリニックの
目標・強み

About us

なぜ、再生医療なのか。

SPECIALTY

ひざの痛みで、楽しみを我慢しなければいけない。
そんな人のために何ができるかを考え、たどり着いたのが再生医療でした。
「やりたい」をもっとポジティブに考えられるよう「できる」を増やしていきたい。
私たちが再生医療にこだわる理由が、そこにあります。

ひざ関節症クリニックの治療は
何が違う?

保険診療の整形外科の場合

初期には保存療法、末期には手術が有効です。ただ、進行期に有効な治療法はなく、手術ができなかったり踏み切れない場合は、痛みを我慢し、病状が進行するのを見過ごすしかありません。

保険診療の整形外科の場合

ひざ関節症クリニックの場合

保険診療では打つ手のなくなった進行期の方に、再生医療を提供できます。結果、進行を遅らせることに。血液と脂肪を活用したひざを切らない治療で、その実現を目指しています。

ひざ関節症クリニックの場合

ひざ関節症クリニックが
つくりだした笑顔

再生医療には
将来性とチャンスがある!

職業としても、安定した将来性やチャンスが期待できます。再生医療は今後、急成長すると予測されているからです。ひざ関節症クリニックへのニーズも増加傾向にあり、2019年4月に大阪院が開院。今後も全国への診療拡大を予定しています。

再生医療の将来市場規模予測(国内)

最善の医療を
提供するための指針

GUIDELINES

痛みをあきらめないこと。
患者さまの人生を医療で塗りつぶしたりしないこと。
それを実現するため私たちは共通のモットーを胸に、日々の診療にあたります

ひざ関節症クリニックが求める人財

ポジティブな発想ができる | 気持ちを汲み取り尊重できる | 業種を越えて助け合える | 理論的に考えられる | 提案型の仕事ができる

社会を豊かにする
組織となるため

ACTION

患者さまの最善を目指して寄り添うことはもちろん、グループ組織として大切にすることは他にもあります。
医療の発展のために臨床で得た情報を発信すること。
そして、原動力となるスタッフの成長と充実を確保すること。
どの取り組みも、ひざ関節症クリニックが存在するうえで欠かせません。

ひざ関節症クリニックの取り組み

  • 患者様へ

    年間1,000人以上
    を診療

    患者様へ | 年間1,000人以上を診療

    患者さまの最善を見つける
    サポートを行っています

  • 医療業界へ

    学会・論文発表で
    情報共有

    医療業界へ | 学会・論文発表で情報共有

    再生医療学会や整形外科
    学会で随時報告しています

  • スタッフへ

    残業時間は
    ほとんどなし

    スタッフへ | 残業時間はほとんどなし

    新しい発想や温かい心を
    育む環境を整備しています