ひざ関節症クリニックのドクター業務

Doctor

再生医療が広くコンセンサスを得るには、確かにまだエビデンスは少ないかもしれません。
ただ、私たちの日々の診療がその蓄積にもつながっていることは、大きなやりがいのひとつ。
そうした新しいトピックスの発信も、当院の医師は積極的に行なっています。

キャリアステップ

CAREER STEP

CAREER
STEP

再生医療について知ることから
入職〜1ヵ月

まずは当院で扱う再生医療について、先輩医師から学びます。診察や手技に大きな違いはないので、前職までの経験を発揮いただけるでしょう。脂肪採取の手術も行いますが、実際に見学いただければ習得可能です。
自由診療の雰囲気を感じることからスタートし、ご自身のやり方を固めていってください。

再生医療について知ることから 入職〜1ヵ月

業務のやりがいを発見
1ヵ月以降

診療時間の多くは、新規や経過の診察になります。カウンセリングや治療提案で、コミュニケーションがスムーズになってくるでしょう。ただ、再生医療は日進月歩。知識のアップデートのため、常にアンテナを張っておくことが大切です。
治療を担当した患者さまが効果を感じ始める時期で、自信ややりがいを実感できるようになります。

業務のやりがいを発見 1ヵ月以降

とある一日の流れ

ONE DAY

8:30出勤

8:50朝礼

今日、ご来院される予定の患者さまの状態などを大まかに把握。1日の診療がスムーズに行える準備をしておく。

今日、ご来院される予定の患者さまの状態などを大まかに把握。
1日の診療がスムーズに行える準備をしておく。

9:00始業

新規の患者さまのカウンセリング。

10:00

培養幹細胞の注入処置。その後、経過チェックで来院された患者さまの診察を行う。

培養幹細胞の注入処置。
その後、経過チェックで来院された患者さまの診察を行う。

11:00

培養幹細胞治療のための脂肪採取オペ。

12:00休憩

13:00

PRP-FDの注入処置。
経過診察の患者さまも来院し、対応。

14:00

新規の患者さまのカウンセリング。

新規の患者さまのカウンセリング。

15:00

経過チェックの患者さまを診察。

16:00

脂肪採取のオペを行う。

17:00

新規カウンセリング。

18:00終診・退勤

よくある質問

FAQ

Q.1再生医療について知識がなくても大丈夫ですか?

大丈夫です。入職後は先輩医師が研修を行います。再生医療やその手技については、在職中のほとんどの医師がその研修で学んで知識を覚えていますが、問題なく診療を行えています。新しい治療への興味や患者さまを良くしたいという気持ちがあれば、歓迎します。

Q.2時間外勤務はどのくらいありますか?

完全予約制できちんと予定を組んで診療を行っているため、時間外に対応が必要なケースもほとんどなく、平均残業時間はほぼ0時間です。もちろんオンコール勤務もありません。

Q.3転勤になることはありますか?

基本的にはご希望に応じた地域で採用いたしますので、遠方への転勤などはほとんどございません。